代表画像 色 サイズ等注意 ニチアス ジョイントシートガスケット TOMBO 内面 :65 呼び径 A 1120-5K-65A-3T-RF NO.1120 テレビで話題 /millioctave6662019.html,【代表画像,ガーデン・DIY・工具 , DIY・工具 , その他,NO.1120,1078円,TOMBO,内面,呼び径(A):65,ジョイントシートガスケット,ニチアス,www.tellmybossoff.com,色/サイズ等注意】,1120-5K-65A-3T-RF 代表画像 色 サイズ等注意 ニチアス ジョイントシートガスケット TOMBO 内面 :65 呼び径 A 1120-5K-65A-3T-RF NO.1120 テレビで話題 1078円 【代表画像 色/サイズ等注意】 ニチアス ジョイントシートガスケット TOMBO NO.1120 内面 呼び径(A):65 1120-5K-65A-3T-RF ガーデン・DIY・工具 DIY・工具 その他 1078円 【代表画像 色/サイズ等注意】 ニチアス ジョイントシートガスケット TOMBO NO.1120 内面 呼び径(A):65 1120-5K-65A-3T-RF ガーデン・DIY・工具 DIY・工具 その他 /millioctave6662019.html,【代表画像,ガーデン・DIY・工具 , DIY・工具 , その他,NO.1120,1078円,TOMBO,内面,呼び径(A):65,ジョイントシートガスケット,ニチアス,www.tellmybossoff.com,色/サイズ等注意】,1120-5K-65A-3T-RF

代表画像 色 サイズ等注意 ニチアス ジョイントシートガスケット TOMBO 内面 :65 呼び径 A 1120-5K-65A-3T-RF ●日本正規品● NO.1120 テレビで話題

【代表画像 色/サイズ等注意】 ニチアス ジョイントシートガスケット TOMBO NO.1120 内面 呼び径(A):65 1120-5K-65A-3T-RF

1078円

【代表画像 色/サイズ等注意】 ニチアス ジョイントシートガスケット TOMBO NO.1120 内面 呼び径(A):65 1120-5K-65A-3T-RF


【ご注意】
・商品画像はサイズ違いや色違いを含む代表画像(イメージ)を使用している商品がございます。 
・モデルチェンジ等により仕様や色等の変更が生じる場合がございます。
・画像の商品数と販売数は異なる場合がございます。(例:画像が2本でも販売は1本単位等)
※販売単位が不明な場合は当店までお問い合わせくださ。

商品画像とサイズ・色が違う等での返品・交換はお受けできませんので
最終的な仕様等不明な点はメーカーHP等にてご確認くださいますよう、よろしくお願い致します。

【メーカー】
●ニチアス(株)

【特長】
●膨張黒鉛を主成分とした比較的高温条件でも使用できるジョイントシートで、低圧蒸気に使用できます。
●膨張黒鉛・アラミド繊維・NBRゴムを主成分とし、シール性・耐蒸気・耐薬品性に優れています。
●可溶性ハロゲン量が少ないため、ステンレス鋼フランジに使用できます。
●JIS S 3200-7:2010水道用器具、浸出試験に適合しています。

【用途】
●低圧蒸気・蒸気還水・冷水・温水・空調ドレインなどの各種配管。

【仕様】
●呼び径A:65
●呼び径B:2 1/2
●内径(mm):84
●外径(mm):118
●厚さ(mm):3
●使用圧力(K):5
●使用温度範囲:-200~260℃
●メンテナンスフリー時:150℃以下
●最高使用圧力:水系流体 2~4MPa/油系流体 1~4MPa / ガス系流体 1MPa
●温度によって最大圧力値が変動
●JIS K 6353:1997水道用ゴム浸出試験適合

【材質・仕上げ】
●膨張黒鉛
●アラミド繊維
●NBR

【注意】
●ガス系流体への御使用はペーストを併用してください。
●ガスケットを締め付ける際には締め過ぎによる破損を注意し、許容締付面圧を超えないようにしてください。
●耐薬品性を求められる流体には使用確認の御問合せください。

【質量】
●27.000G


【代表画像 色/サイズ等注意】 ニチアス ジョイントシートガスケット TOMBO NO.1120 内面 呼び径(A):65 1120-5K-65A-3T-RF

スープ賢人 抱っこひも BELK. Fundy-Fundy(フンディ-・フンディ-) マツダアクセラ グッドムービングひざサポーター コアバランス機能商品 腰部サポートウェア rakunie(ラクニエ)

人間生活工学とは、私たちの「安心・安全・快適・健康・便利」な生活を実現するための“ものづくり”の考え方と技術です。生活とは、家庭にとどまるものではなく、仕事、余暇、勉学など、人の営みすべてです。そして人間生活工学に基づくものづくりとは、作られる“もの”(製品やサービス)を、その使い手の視点において設計し、また“作るプロセス”(生産や物流などのシステム)を、そこに携わる人の視点において設計することです。人間生活工学の対象は製品やサービスのみならず、空間や環境、仕事や暮らしも含まれます。ものを生み出すメーカーはもとより、製品やサービスを生活者へ届ける流通、販売や、生活者自身のよりよい暮らし設計のためにも必要な技術です。